フィールドサービスの
可視化と標準化

導入実績、 社の
NTTデータ イントラマートが開発

これまでのフィールドサービスを支援するソリューションは導入が大掛かりになり過ぎるか、もしくは機能が簡易過ぎるという課題がありました。
DPS for Maintenanceは必要な機能は揃っていて導入しやすいこれまでにないソリューションです。

DPS for Maintenance

DPS for Maintenanceとは

必要十分な機能と柔軟な活用が可能なソリューション。
短期間での導入を実現し、導入後もお客様の業務とともに成長していきます。

DPS for Maintenance

選ばれる3つの特長

DPS for Maintenanceは属人化になりがちなフィールドサービス業務を支援するソリューションです。
ベースとなる機能が包括されており、管理したいレベルに合わせた導入が可能です。

01受付から完了までを可視化

受付から見積、担当者の割り振り、協力会社への依頼、作業報告までの状況を可視化することができます。作業の遅延や見積書の送付漏れなどもアラート機能でやり忘れを解消します。現場先や出張中でもスマートフォンを使用し、受付から作業の報告まで確認・登録することができます。

受付から完了までを可視化

02紙やExcelの業務を
デジタル化

これまでアナログで手間が掛かっていた作業をデジタル化し生産性を上げます。紙やExcelで作成していた、見積書、依頼書、報告書はシステムへ入力された情報を基に自動作成します。作業時間の記録やお客様のサイン受領といった現地作業もスマートフォンを利用してその場でデジタル化します。

紙やExcelの業務をデジタル化

03業務に合わせた柔軟性

現場の業務に合わせた柔軟な運用が可能です。
特定の顧客や協力会社に対して個別の帳票レイアウトをノンプログラミングで作成できます。また、顧客装置管理においても管理粒度を自由に運用することができます。

業務に合わせた柔軟性

主な機能

フィールドサービス業務の効率的なデジタル化を実現する機能をご紹介します。

コール受付アイコン

コール受付

顧客からの連絡を受け、障害の発生場所や対象装置、症状などを登録します。登録画面には過去の対応履歴が表示されるため、適切な対応と作業員への素早い指示が可能になります。

作業管理アイコン

作業管理

障害対応や定期保守の作業を登録します。現地作業を実施する担当者へはメール等の通知とスケジュールへの自動連携を行います。作業実績は、故障部位や故障内容、処置、交換部品などを選択肢から選ぶだけで、長文を記載することなく詳細な報告を登録することができます。

定期保守アイコン

定期保守

顧客装置に対して年間の定期作業計画を登録できます。翌年以降は実績に基づいた作業スケジュールが自動作成されるため、計画作成の負荷を軽減するとともに作業漏れを防止します。

装置管理アイコン

装置管理

顧客・設置場所・装置の階層管理ができます。「装置は一台ずつ」や「複数台まとめて」など、運用に合わせて柔軟に管理可能です。加えて交換可能な部品やフロア図、製品仕様書などの関連ドキュメントを管理できます。

協力会社依頼アイコン

協力会社依頼

協力会社への作業依頼書が作成できます。協力会社の選定には、対応可能な装置やこれまでの依頼回数、直近の対応履歴などを参考にすることできます。煩雑で時間がかかる依頼がスムーズになります。

見積アイコン

見積

顧客への見積書を作成できます。過去に自分が作成したものや他人が作成した類似装置の作業見積を複製して作成することができます。また、作業後に部品交換の実績をもとに作成することもできます。

Web帳票アイコン

Web帳票

顧客や協力会社ごとの報告書や依頼書フォーマットをWeb上で定義が可能です。これまでお使いのExcel帳票を元に顧客や協力会社ごとにノンプログラミングで作成できます。Web帳票はExcelにダウンロードして共有することが可能です。

蓄積情報の活用アイコン

蓄積情報の活用

受付内容の集計や完了まで平均日数、経過観察とした顧客装置のリストなど蓄積された情報から傾向を分析可能です。標準ビュー以外にも分析したいビューを追加することもできます。業務効率化だけでなく、現場から得られる情報の価値を向上します。

スマートフォンアイコン

スマートフォン

スマートフォンには専用アプリケーションを用意しています。担当者はその日の作業内容がぱっと把握でき、定量的な作業報告もタップだけでカンタンに作成できます。
作業時間の打刻や顧客の手書きサイン受領にも対応しています。

スケジュール管理アイコン

スケジュール管理

DPS for Maintenanceで作成された作業予定だけでなく、機材の利用予定や会議、社内イベントなど自身以外のスケジュールも参照することができます。

ドキュメント管理アイコン

ドキュメント管理

製品仕様書や契約書などのドキュメントを管理できます。ドキュメントを格納するフォルダは権限管理により公開範囲を柔軟に設定できます。ドキュメントはスマートフォンからも参照できます。

インフォメーションアイコン

インフォメーション

ポータル上にお知らせを掲載する機能です。掲載内容によって管理職限りなど公開範囲を柔軟に変更するこが可能です。One to Oneのお知らせとして伝言メモ機能なども搭載しています。

3分でわかる
DPS for Maintenance

ご相談・お問合わせ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しく機能についてご説明いたします。